解答速報で合否がわかる税理士試験の基礎知識

幼稚園の先生になるには

ウーマン

養成学校で学ぶのが基本

子供好きな人にとって人気の高い職業といえば、幼稚園教諭がその代表的な存在としてよく知られています。幼稚園教諭は、国家資格を保有して幼児教育に携わる専門家です。類似の職種に保育士がありますが、保育士が主として幼児の身の回りの世話をするのに対して、幼稚園教諭はあくまでも教員職だという特徴を有しています。ただ、対象となるのが小さな子供であるだけに、実際の職場においては保育的な仕事を行うこともあります。幼稚園教諭の資格を得るには、指定された学校で養成課程に学び、必要な単位を修めて卒業する必要があります。その後、各自治体や私立の幼稚園における採用試験を経て、職務に携わることとなります。幼稚園教諭の資格には専修・一種・二種の3種類があり、それぞれ大学院卒・大学卒・短期大学卒に該当します。二種については一部の専修学校にも養成課程が設けられています。養成課程を持たない大学等を卒業した人にあっては、幼児教育に係る必要最小限の単位を追加で修めることで資格を取得することも可能です。現在、こうした人を対象とした通信制の大学が全国に数校あります。また、保育士として一定の実務経験を有する人に対しては、認定試験に合格することで資格を取得する途が開かれています。近年では幼稚園と保育園が一体化した認定こども園なる施設の設置が進むなど、教育と保育の現場をめぐってさまざまな新しい動きが出てきています。そのため、就職に有利だとして幼稚園教諭と保育士の資格を両方とも取得する人が増えてきています。