解答速報で合否がわかる税理士試験の基礎知識

幼稚園の先生になる

PCを操作する人

教育学部以外の道

幼稚園教諭になるためには、短大や大学で教職課程を専攻することが主な条件となります。教職課程を専攻した後、指定された単位を修得することで、卒業と同時に幼稚園教諭の資格を授与されることになります。4年制大学においては、小中学校の教員免許を取得する勉強と並行して、幼稚園教諭の資格取得を目指すことができます。しかし、教職課程のある大学を卒業する以外にも、幼稚園教諭の資格を取得する道はあるのです。教職課程を置いていない大学においても、選考科目の勉強に加えて、教育実習などの実技の単位を修得することで、中学校、高校の教員免許が取得できます。その時に修得した単位を基礎として、不足する単位を通信教育などで修得できる方法もあります。習得単位の合計が幼稚園教諭の資格取得条件に達した場合に免許が下りることになります。ただ、この場合、中学や高校の教育実習は単位に加算されない場合が殆どです。幼稚園教諭の免許取得のためには、最低2回の幼稚園の保育実習が不可欠だからです。このように、中学、高校の教員になるための勉強をした人には、幼稚園教諭の資格取得も比較的容易となります。さらに、保育士の資格を持つ人にも、幼稚園教諭の資格取得ができる方法が用意されています。保育園や福祉施設で3年以上の実務経験のある人には、教員資格認定試験を受験する資格が与えられます。この試験に合格して、幼稚園教諭の資格を手にする人も大勢存在しています。